水棲ガメの飼育

飼育はかんたんに言うと3つです。1入れ物を用意して2置き場所を考えて、3管理するだけです。ただし観察して変化に対応してください。

1.入れ物の用意
水棲ガメの飼育に良く使われる入れ物は簡単に言うと3つです。飼育する亀のサイズによって選びましょう。1.ガラス水槽。サイズが豊富、ライトが付け易い、きれい。ただし、重たい、陸場作りが大変、掃除が大変。2.コンクリートバットコンクリートを練るためのプラスチックの箱。安い、丈夫、でかい亀が入る。ただし、脱走する亀は逃げないようにアミをはる必要あり、見た目が悪い、ライトがつけにくい。3、コンクリをはった部屋。運動スペースがとりやすい、広いと温度差をつけやすい、掃除し易い。ただし、簡単にできない(お金も、その他のもんだいがある。)動かせない、保温にお金がかかる。

2.置き場所
陸がめ飼育できる置き場所には3つの条件があります。1.適切な日照条件。明るい光が必要。(ただし、水の温度が高すぎるとまずいので温度に注意。)日光が入らない場合はトゥルーライトで間に合わせる。でもたまには日光浴が必要。2.適切な温度。真夏に西日の当たる窓際に飼育ゲージを置けば、中の温度は上昇し逃げ場がなければ亀は死ぬでしょう。基本的に亀は日光浴はすきですが、体温が上がり過ぎると日陰に逃れます。(または水中)飼育ゲージでは空気の温度が上がってしまうので、逃れきれない事が多い様です。家の中で空気の温度が低い所を探しましょう。3.外敵のいない場所。猫や幼児、うっかりゲージを蹴飛ばす人、我が物顔の室内犬の手のとどかない場所を選びましょう。

3.管理
管理も簡単にいうと3つです。1.エサをやる。意外とできない人がいます。特に陸亀にバランスの取れた食事を食べさせることはむずかしいし、手間もかかる。2.掃除する。水棲がめは意外と水を汚します。亀は水にアンモニアが溶けていると水が飲めません。つまり水替えをしないのは、飲み水を与えないのと同じなのです。あと掃除しないと臭いです。3.変化を観察する。水の汚れ具合やエサの食べ具合。亀の様子。今の状態が良いのか知るには、観察するしかありません。上手な人は観察の経験をしっかりつんでいます。