魚の飼育

水を長持ちさせよう
水を長もちさせるにはエサを少なくする事です。また、エサが少なくてよいように魚も少なくすることです。それが嫌な場合は”ろ過装置”を使います。

ろ過装置ってなんだ?
アンモニアを分解してくれる装置です。だから水が長もちします。ろ過装置はポンプなどの機械で水を動かし砂利や綿の中を通します。ごみは砂利や綿にひっかっかり水だけ水槽にもどります。これだけではゴミからアンモニアがしみ出てくるのですが砂利や綿の中にアンモニアを分解するバクテリアとゆう生き物がいて、その結果ろ過装置はアンモニアを分解出来ます。バクテリアは小さくて目に見えません。はじめからろ過装置にはいません。2週間〜1ヶ月ろ過装置を動かしていると、砂利や綿の中に住み着きます。だからろ過装置は少し綿や砂利にゴミがつまっているほうが性能がよいのです。水の白く濁る水槽はろ過装置が正しく働いてません。水を交換してバクテリアがふえるのを待ちましょう。ただしろ過装置がつまり過ぎると分解力の限界がおとずれアンモニアが発生します。ろ過装置は掃除する必要があるのです。砂利や綿を洗う時は一部を洗わずに残しておきます。バクテリアは増えるのに時間がかかるのですがこうすればはやくふえてくれます。