犬の
の飼

仔犬の飼育/予防接種
混合ワクチンの種類はさまざまです、摂取する時期も異なります。

犬パルボウイルス感染症
仔犬が感染したら、突然死をもたらす心筋型とひどい血便、下痢、嘔吐をする腸炎型があり感染すると死亡率が非常に高い恐ろしい病気です。比較的新しい病気です。

ジステンパー
発熱、下痢、神経症状等がおこり、下半身麻痺などの症状もおこします、1才以下の仔犬に発病する事が多くあります死亡率も高い病気です。

犬伝染性肝炎
肝炎をはじめ、嘔吐や下痢扁桃腺の腫れなどをおこし、目が青白く濁ることもあります。仔犬などは突然死することもある恐い病気です。

犬コロナウイルス感染症
腸炎を引きおこす感染症です、下痢や嘔吐をおこします、パルボウイルス等と混合感染すると得に症状が激しく恐い病気です。

犬レプトスピラ症
細菌により腎臓や胃腸がおかされる伝染病です。歯肉の出血や黄疸がみられる黄疸出血型と高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型が代表的です、(ワクチンによっては3種とも混合しています)
人畜共通感染症でもありますから要注意です。

犬アデノウイルス感染症
40℃以上の高熱がでたり、肺炎や扁桃腺炎など呼吸器系の病を起こします。

犬パラインフルエンザウイルス感染症
呼吸器病で、強い咳や鼻水、扁桃炎を起こします。他の病原体といっしょにケンネルコフとよばれる犬の風邪症候群をひきおこします。
上記の病気感染症は予防できる病気です、仔犬入手後にワクチン摂取をすれば予防になります、ワクチンの種類によって単独ワクチンから9種混合ワクチンまで様々です。信頼おける獣医師に御相談ください。

近年は生後2ケ月ころから約1ケ月間隔3〜5回摂取する方法がベストとされているようです、病気の種類も増えていますので9種混合ワクチン等が使用されているようです、かわいい愛犬を怖い伝染病から守る為必ず予防接種を受けて下さい。

 

 


狂犬病(法定伝染病)
狂暴性をおび、動くものすべてに噛み付く狂躁型と、口を開けてよだれを流し、よろめき次第に起きあがれなくなり死亡する麻痺型とがあります。人間も感染して死ぬことがあります、
人畜感染症で(法定伝染病)日本では過去40〜50年間例がありません、春秋の狂犬病予防摂取と輸入時の水際の予防摂取のたまものでしょう。海外では根絶していない様です。