ヨークシャーテリア

原産

イギリス(ヨークシャー)

歴史

19世紀の中ごろ、ヨークシャー地方の工業地帯で工員や炭鉱夫の貧しい家屋を荒らし回ったネズミを捕まえるため作出された犬種で、当時はかなりの大きさだった。1862年「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャテリア」と命名されたが、犬種名が長過ぎたため定着せず、1870年ごろからヨークシャ・テリアと呼ばれるようになった。この犬種を作出するために使用されたのはマンチェスター・テリア(オールド・ブラック・タン・テリア)、スカイ・テリア、マルチーズだと言われている。その可憐なタイプと華麗な毛色から「動く宝石とも呼ばれている。世界で人気犬種となっている。家庭犬、愛玩犬。

体重

オス、メスとも3K以下、2Kを理想とする。

一般外貌

真っ直で豊富な絹糸状の長毛におおわれ、均整のとれた体形のトイテリアである。
<皮毛>
ボディーの皮毛は、適度にながく完全に真っ直ぐである。光沢があり、よい絹糸状の毛質である。ボディの毛質はダーク・スチール・ブルー(暗鋼青色)で、シルバー・グレー(銀灰色)ではない。スチール・ブルーとはシルバーがかったブルーではなくフォーンや青鋼色、ブロンズ、ブラックの毛色が混合してはならない。胸の毛は鮮やかに輝くタンである。すべてのタンの部分の毛は、中央より根元がより濃色で、先端のタンはより明るくかげりをもつ。頭部の飾り毛は、あざやかなゴールデンがかったタンで、耳と耳の付け根、マスクでは色が一段と濃くなり、みみでは濃く鮮やかなタンであるが、タンの色は顎の後ろまで及んではならない。四脚は明るい鮮やかなタン色で、前肢は肘の上方まで、後肢スタイフルの上方まで及んではならない。なおタン色のなかには、すすけた色が混入してはならない。

性格

知的で感覚鋭敏、活発なテリア・キャラクター を有している。