写真はちょっとまってね

シェルティー

原産

イギリス(シェットランド諸島)

歴史

イギリス最北端にあるシェットランド諸島原産の牧羊犬である。その歴史はきわめて古く、スコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵するものと思われる。一説によるとスコット.ランドのボーダーコリーの祖先でこの地に来て小型の家畜の番犬をしていた犬と、クジラ猟のため北海へきた漁師がつれてきたサモエドなどのスピッツ.タイプの犬の混血に、さらにラフ.コリーが配されて作出されたと伝えられている。荒涼とした島なので動物も植物も通常の大きさにならないのがこの島の特徴でながい年月の間に小型化したというように考えられる。19世紀の終わり頃イギリスに紹介された。1909年に登録が認められるようになったが、当時は作業犬タイプとショータイプの二通りの犬がいて、大きさなども一定していなかった。体高について厳しいのはそうゆう背景があたためである。日本には昭和33年に紹介され近年は人気犬種のトップとなった。牧羊犬、家庭犬。

体高

オス、メスともに20cm前後 

一般外貌

小型で手触りの荒い長い皮毛を持っている作業犬である。外貌は均整がとれていて、どの部分も全体に対してつり合がとれていなければならない。
<皮毛>
毛質は上毛が長い粗毛で、下毛は短く柔らかく密生している。飾り毛は顎の周囲と胸、前肢の裏側、足根以上、尾の裏側にあって、顔、耳と前肢の前面および足根意外は短い。毛色はセーブル・アンド・ホワイト、ブラック・ホワイト・アンド・タン(トライ・カラー)、ブルー・マール、ブラック・アンド・ホワイト(バイ・カラー)である。

性格

感覚鋭敏だが、明朗で従順な性格を有している。