パピヨン

原産

ヨーロパ(フランス・ベルギー)

歴史

祖先はスペインのスパニエルの一種で、小さいので一寸法師のスパニエル(エパニエルナン)と呼ばれ、16世紀にフランスのルイ14世王朝時代、上流社会でもてはやされ、イタリヤのボローニャ地方で多く繁殖され、高額で取り引きされたと記されている。パピヨンとはフランス語で蝶のことで、この犬の耳が蝶の羽状に見えることから名ずけられたしたがって別名バタフライ・スパニエルとも呼ばれている。家庭犬、愛玩犬。  

体高

オス、メス20cm以上28cm以内。ファレンはこの限りではない。 

一般外貌

優雅な絹糸状の被毛を持つ小型犬で、直立した耳は蝶が羽を広げた様についていて、先端に飾り毛があり、リスの様に背負っている。なお垂れ耳の犬もある。  
<皮毛>
毛質は光沢のある絹糸状の長毛で、ボディの毛は平らで、スカルとマズルでは短い。毛色は白地に黒、または、茶の斑があり、トライカラーもある。

性格

快活で利口、可憐な容姿に似ず大胆な性格を有している。