パグ

原産

中国

歴史

中国の古い愛玩犬だが、オランダにもたれされたのが1600年の末頃だったといわれ、そのためヨーロッパではオランダの原産犬種と信じられれている時代が長かった。ペキニーズなどと同じ祖先犬から作出されたと言われている。しかし、中国におけるこの犬種の沿革はまったく不明である。イギリスには、オランダ東インド会社を通じてもたらされるや、貴族の婦人達に愛好され急速に人気犬種となった。当時は断耳をする習慣となっていた。この犬種を愛好した皇帝や貴族の中にはイギリスのウイリアム3世(1650年〜1702年)、ロシアのエカテリナ2世王妃(1729年〜1796年)などがいる。パグとはラテン語のにぎりこぶしのことで、頭部の形がにぎりこぶしに似ていることから名ずけられたと伝えられている。国によって犬種名が異なっている珍しい犬。家庭犬、愛玩犬

体重

オス、メスともに6.3kg〜8.5kg

一般外貌

身体は充実して良く筋肉が発達し、締った体格のスクエアな小型犬である。頭部はバランスのとれた大きさで、額には特徴である大きなしわがある。

性格

大胆でおとなしい。しんぼう強く、自尊心も高い。