マルチーズ

原産

マルタ

歴史

紀元前150年頃、フェニキア人(現在レバノンあたりに都市国家をきずいた海洋貿易を得意とする民族)の貿易中継点だったマルタ島に、彼等によって持ち込まれた犬種で、一説ではアジアから持ち込まれた犬だと言われている。イソップ物語には2度にわたりこの犬種のことが書かれており「長い船旅をするものや船員のペット」であった事がわかる。やがてシリシア島をへて、ヨーロパ各国に紹介された。フランスでは15世紀ごろから婦人の愛玩犬となっていたがイギリスへは19世紀になってからもたらされた。マルタ島がイギリスの領土となったのは1813年以降で、ビクトリア女王もマルタ島からこの犬を取り寄せて飼育した。そのことが一般国民の知るところとなり19世紀末に大流行し人気犬種となった。1968年から1984年まで登録犬のトップだった家庭犬、愛玩犬。  

体重

オス、メスとも3.2kg以下で、2.5kgを理想とする。

一般外貌

純白の長い被毛におわれた小型犬である。被毛はまっすぐで体の両側に一様に垂れ下がり、その毛は鼻先から尾のつけねまでつずいているが、容姿は健康的で均整びを表現していなければならない。  
<皮毛>
絹糸状の長い直滑毛が一様に全身をおおい、下毛はない。毛色は純白が望ましい。淡いタン、あるいはレモン色は許されるが望ましくない。

性格

知的、快活、大胆である。