写真、動画はもう少し待ってね



ラブラドールレトリバー

原  産

イギリス

歴  史

ラブラドール・レトリバーの多岐にわたる活躍は広く知られているが、沿革については定かではなくほとんど知られていない。16世紀頃北米大陸沿岸へ出漁した北欧やイギリスの漁船に同乗しカナダのラブラドル半島へ渡った犬の末裔と思われる。1800年頃、ニューファンドランド島から塩鱈を運ぶ船でイギリスへ送られてきたのが、この犬がヨーロッパへ紹介された最初だと言われている。ラブラドール・レトリバーは、長い間この厳寒の海辺で海中に流れたアミを探したり、網からこぼれでた魚を捕らえてそれを運ぶ仕事に従事していた。1880年までは頑固な性格を有していたが、以後従順な性格となり訓練性能が向上し、運搬犬や警察犬としても使用され、近年は盲動犬として活躍するものも多く、世界中で飼育されるようになった。レトリバーは獲物を回収運搬する犬とゆう意味である。地名が犬種名となった。

体高

オス、56cm〜61cm ,メス 51cm〜56cm

一般外貌

身体は頑健で、胴は短く幅広く、後ろは筋肉たくましく力強い。垂れ耳垂れ尾で、どんな天候にもよく耐えられるように短毛が密生している活動的な中型の鳥猟犬である。
<被毛>
毛質は滑らかで、短く密生し、ウェーブしていない。毛色はブラック、チョコレート、イエローの一色毛で他の斑は好ましくないが胸の小さい斑は許される。

性  格

快活で、積極的な性格で、耐久力と活動性を有している。