柴犬

原産

日本(本州および四国の山岳地帯)

歴史

日本土着の小型犬で、原始時代に南方から渡ってきたものと考えられ、縄文時代の遺跡から発掘された骨などがある。昔から鳥獣猟犬に用いられてきた。最近は外国でも人気を得ている。昭和12年天然記念物の指定を受けた。柴とは古い言葉で"小さなもの"を意味し、今日では家庭犬として飼育されている

体高

オス40cm、メス37cmそれぞれ上下各1.5cmまでとする。 

一般外貌

小型で良く均整がとれており、骨格がしっかりとして、筋肉がよく発達している。体質は強健で素朴感があり、動作は敏しょうで、かわいらしさとうつくしさを有している。体高と体長の比は10:11である。
<皮毛>
上毛は硬く真っ直ぐで、下毛はやわらかく密生している。尾の毛はやや長く開立している。毛色は赤、ごま、黒ごま、赤ごま黒褐色がある。マズルのうら白(逆マスク)は、この犬種のマーキングの特色でもある。

性格

軽快で活力に富む。

黒柴、クロシバ、柴犬黒色、黒、 シバケシバイヌ、柴、小犬、仔犬、子犬、js、JS、