ブルテリア

原産

イギリス

歴史

ブル.ファイティング(闘犬による牛いじめ)やベア.ファイティング(熊いじめ)が盛んだった19世紀初め頃のイギリスで、ブルドックとテリアによって作出された犬種である。したがって作出された目的は闘犬だった。ただ作出の過程で、同じくブルドックを先祖とするスタッフォードシャー.ブルテリアが中間に介在しており、ブルドックから直接ブル.テリアが作られたわけではない。また絶滅した白のイングリッシュ.テリアの血も加えられているが、その頃は毛色もいろいろだった。1835年闘犬が廃止されたことから闘争心が排除され体形もだんだんスマートになっていった。1860年頃白いブルテリアが出現し、これは品種改良の革命的出来事として評判を呼び、19世紀末の新犬種作出ブームや犬種改良ブームにつながった。一時有色犬が認められなかったが、1936年に承認され、区別して取り扱っている国もある。家庭犬として飼育されている。ミニチュア.ブルテリアは、ブルテリアの人気にあやかろうとして作られたのだが、現在ではほとんどかえりみられなくなった。   

体高・体高

<ブルテリア>
体高 オス メス共に50cm前後
体重 20kg前後を理想とする
<ミニテュア.ブルテリア>
体重 11.25kg以下 

一般外貌

体の構成が頑強で、筋肉たくましく、均整的で、立耳、短尾の闘志に満ちた中型犬である。特に頭部の外郭線が鼻端にかけて、カーブをかいた側望を持つ独特の特徴があり、他のテリアとは大変異なったタイプを示している。 <被毛と毛色>
毛質は短く滑らかで、堅く美しく光沢がある。毛色はホワイト、ブリンドル.ブリンドル.ホワイト、ブラックアンド.ホワイト、レッド.アンド.ホワイトなどがある。ホワイトの場合は頭頂上の斑は許される。

性格

従順であるが闘争心に富み忍耐強い性格を有している。