ビーグルの仔犬

ビーグル

原産

イギリス

歴史

ハウンドの中で最も小さい犬である。この系統の犬種は極めて古い歴史をもち、紀元前からギリシアでウサギ狩りに用いられていたハウンドの後裔と思われる。エリザベス一世女王(1533年〜1603年)時代にイギリスにはこのタイプの大小2種のハウンドがおり、小さい方のハウンドをフランス語の小さいと言う意味からきたビーグルと呼び、野うさぎ狩りに使用していた。鋭敏な臭覚はブラッドハウンドの血を加えたからだといわれている。獣猟犬、家庭犬。

体高

オス、メスともに33cm〜38cm 

一般外貌

身体は堅く引き締まり、やや長方形で、体質強健である。粗野な所のない活動的な小型獣猟犬である。
<皮毛>
毛質は堅く、平滑な短毛が密生している。毛色は原則としてホワイトとブラックとタンのハウンド・カラーであるが、ホワイトとレモンでもよい。

性格

非常に明朗活発で、陽気で敏しょうである。誇らしげで自尊心が強い。反面遊び好きの性格を有する。

 

 

アメリカンビーグル、13インチビーグル、 ビーグルケン、ビーグル犬、仔犬、小犬、子犬、be,BE