,
画像、動画は準備中です。


ブルドック

原産

イギリス

歴史

闘犬として古い歴史を持つ犬種である。祖先犬はチベタン・マスティフとイギリスの地犬との混血説や、マスティフから作出されたとゆう説もあるが、マスティフこそブルドックから作られたとゆう説もあって定かでないが、絶滅した古代犬種のアーラントを想定している者も少なくない。アーラントは体高が低く頭部が厚く鼻が短く短胴で前身が発達し、闘争心の旺盛な犬だったと言われている。12世紀から13世紀前半にわたってイギリスのジョン王の時代に、ウイリアム・ワーレン伯が雄牛と戦わせる競技に用いてから人気を得て、1815年に法律で禁じられるまで闘牛犬としてひたすら改良されてた。ブルとは雄牛の事であり、それと戦う犬とゆうことでブルドックと呼ばれるようになった。法律で禁られた後、約50年間人気が離散したが、その間に熱心な飼育者により体形や性格に改良が加えられて復活し、イギリスの国犬と言われるようになった。家庭犬といわれている。

体重

牡25kg 牝22.7kgを理想とする。

一般外貌

中型の大きさの短毛種で重厚なボディーを有し、頭部は巨大で短く、肩幅広く、頑丈な四肢をしている。顔は極度に短く、下顎は上方に突出し、全体的に極めて特異なバランスと容姿を示している。なお前後望した際に、四肢が全部見えることが望ましい。
<皮毛>
被毛は短く堅く、肌に密生し、滑らかで光沢があるのがよい。毛色はレッド・ブリンドル、その他のブリンドル、ホワイト、レッド、フォーンおよびファローなど一毛色、ホワイト・アンド・ブラック、ホワイト・アンド・レッド、その他の斑色がある。

性格

沈着、善良、しかも勇敢であり、独特な風格を保っている。これらわすべてその表情や動作によって、表現される。