犬種解説
ボーダーコリー  border collie
ブルドック bulldog
ビーグル beagle
ブルテリア bull terrier
チワワ chihuahua
ケアーンテリア  Cairn Terrir
ミニチュアダックス miniature dachshund
フレンチブルドッグ french bulldog
柴犬 japanese small sise dog
キャバリア cavalier king charles spaniel
ラブラドールレトリバー labrabor ritriever
マルチーズ maltese
 ミニチュアシュナウザー  miniature schnauzer
ノーフォークテリア Norfolk Terrir
日本テリア nippon terrier
トイプードル poodle toy
パグ pug
ペキニーズ pekingese
ポメラニアン pomeranian
パピヨン papillon
シェルティー shetland sheepdog
シーズ shih tzu
ワイヤーヘァドフォックステリア  wirehaird fox terrier
ウエルッシュ・コーギー welsh corgi(pembroke)
ウエストハイランドホワイトテリア west highland white terrier
 ヨークシャーテリア yorkshire terrier





ボーダーコリー Border Collie

原産

イギリス(スコットランド地方)

歴史

英国の牧羊犬中もっとも作業能力が高いといわれている。
フリスビードッグとして人気のある犬種。

体高

オス、61・〜65・メス56・〜61・を理想とする。 

一般外貌

性格

  もっと詳しく


ブルドック

原産

イギリス

歴史

闘犬として古い歴史を持つ犬種である。祖先犬はチベタン・マスティフとイギリスの地犬との混血説や、マスティフから作出されたとゆう説もあるが、マスティフこそブルドックから作られたとゆう説もあって定かでないが、絶滅した古代犬種のアーラントを想定している者も少なくない。アーラントは体高が低く頭部が厚く鼻が短く短胴で前身が発達し、闘争心の旺盛な犬だったと言われている。12世紀から13世紀前半にわたってイギリスのジョン王の時代に、ウイリアム・ワーレン伯が雄牛と戦わせる競技に用いてから人気を得て、1815年に法律で禁じられるまで闘牛犬としてひたすら改良されてた。ブルとは雄牛の事であり、それと戦う犬とゆうことでブルドックと呼ばれるようになった。法律で禁られた後、約50年間人気が離散したが、その間に熱心な飼育者により体形や性格に改良が加えられて復活し、イギリスの国犬と言われるようになった。家庭犬といわれている。

体重

牡25kg 牝22.7kgを理想とする。

一般外貌

中型の大きさの短毛種で重厚なボディーを有し、頭部は巨大で短く、肩幅広く、頑丈な四肢をしている。顔は極度に短く、下顎は上方に突出し、全体的に極めて特異なバランスと容姿を示している。なお前後望した際に、四肢が全部見えることが望ましい。
<皮毛>
被毛は短く堅く、肌に密生し、滑らかで光沢があるのがよい。毛色はレッド・ブリンドル、その他のブリンドル、ホワイト、レッド、フォーンおよびファローなど一毛色、ホワイト・アンド・ブラック、ホワイト・アンド・レッド、その他の斑色がある。

性格

沈着、善良、しかも勇敢であり、独特な風格を保っている。これらわすべてその表情や動作によって、表現される。

 もっと詳しく 


ビーグル

原産

イギリス

歴史

ハウンドの中で最も小さい犬である。この系統の犬種は極めて古い歴史をもち、紀元前からギリシアでウサギ狩りに用いられていたハウンドの後裔と思われる。エリザベス一世女王(1533年〜1603年)時代にイギリスにはこのタイプの大小2種のハウンドがおり、小さい方のハウンドをフランス語の小さいと言う意味からきたビーグルと呼び、野うさぎ狩りに使用していた。鋭敏な臭覚はブラッドハウンドの血を加えたからだといわれている。獣猟犬、家庭犬。

体高

オス、メスともに33cm〜38cm 

一般外貌

身体は堅く引き締まり、やや長方形で、体質強健である。粗野な所のない活動的な小型獣猟犬である。
<皮毛>
毛質は堅く、平滑な短毛が密生している。毛色は原則としてホワイトとブラックとタンのハウンド・カラーであるが、ホワイトとレモンでもよい。

性格

非常に明朗活発で、陽気で敏しょうである。誇らしげで自尊心が強い。反面遊び好きの性格を有する。

  もっと詳しく


ブルテリア

原産

イギリス

歴史

ブル.ファイティング(闘犬による牛いじめ)やベア.ファイティング(熊いじめ)が盛んだった19世紀初め頃のイギリスで、ブルドックとテリアによって作出された犬種である。したがって作出された目的は闘犬だった。ただ作出の過程で、同じくブルドックを先祖とするスタッフォードシャー.ブルテリアが中間に介在しており、ブルドックから直接ブル.テリアが作られたわけではない。また絶滅した白のイングリッシュ.テリアの血も加えられているが、その頃は毛色もいろいろだった。1835年闘犬が廃止されたことから闘争心が排除され体形もだんだんスマートになっていった。1860年頃白いブルテリアが出現し、これは品種改良の革命的出来事として評判を呼び、19世紀末の新犬種作出ブームや犬種改良ブームにつながった。一時有色犬が認められなかったが、1936年に承認され、区別して取り扱っている国もある。家庭犬として飼育されている。ミニチュア.ブルテリアは、ブルテリアの人気にあやかろうとして作られたのだが、現在ではほとんどかえりみられなくなった。   

体高・体高

<ブルテリア>
体高 オス メス共に50cm前後
体重 20kg前後を理想とする
<ミニテュア.ブルテリア>
体重 11.25kg以下 

一般外貌

体の構成が頑強で、筋肉たくましく、均整的で、立耳、短尾の闘志に満ちた中型犬である。特に頭部の外郭線が鼻端にかけて、カーブをかいた側望を持つ独特の特徴があり、他のテリアとは大変異なったタイプを示している。 <被毛と毛色>
毛質は短く滑らかで、堅く美しく光沢がある。毛色はホワイト、ブリンドル.ブリンドル.ホワイト、ブラックアンド.ホワイト、レッド.アンド.ホワイトなどがある。ホワイトの場合は頭頂上の斑は許される。

性格

従順であるが闘争心に富み忍耐強い性格を有している。

もっと詳しく  

チワワ

原産

アメリカ、メキシコ

歴史

犬種名がメキシコのチワワ市と同じなのでメキシコ原産とされているが、1800年代中ごろアメリカ南西部で改良固定された。家庭犬、愛頑犬。

体高

オス25.4cm メスはオスよりやや小さい

一般外貌

体は小さくこじんまりとひきしまり、利口でかわいらしい表情をしている。頭の丸い比較的大きな立ち耳の、独特の容姿を持っている。
<スムース タイプ>
柔らかい滑毛密生して光沢がある。顎に粗毛があるが、頭上と耳の毛は非常に短い。毛色はフォーン、ブルー、チョコレート、ブラック、ブラック.タン、レッド、ブロンズがあり、すべての色が許される。
<ロング タイプ>
毛は長く、毛質は柔らかく(手触りはザラザラしていない)、直毛かわずかなウェーブで、ねていなければなれず、カールしてはいけない。耳と顎と四脚の後側と尾に十分な皮毛がある。

性格

機敏で油断なく敏しょうでキビキビした犬。

もっと詳しく  

ケアーンテリア Cairn Terrir

原産

イギリス(スコットランド)

歴史

テリアの中でもっとも古い犬種といわれている。

体重

♂25センチ、♀23センチ 体重♂6.5kg ♀6kg、を理想とする。

一般外貌

ダンディーの名のごとく冠または綿帽子をかぶったような,頭部にクラウンコートがあって肢が短く,
骨太な小型テリアである。
<皮毛>
毛質は粗で上毛は長く豊富で,下毛は深く密生している。
頭部の皮毛は本犬種の特徴でやわらかく豊富である

(毛色)
ウィートン(小麦)、、サンド(砂)グレー(灰)ブリンドル(縞)

性格

、活発,忠実なテリア・キャラクター を有している。

もっと詳しく  

ミニチュアダックス

原産

ドイツ

歴史

バセットハウンドと同じく、スイスのジュラ山岳地方のジュラ.ハウンドが先祖犬と言われ、ドイツやオーストラリアの山岳地帯に中型ピンシェルとの交雑によって今日の基礎犬が作られたと伝えられている(スムースヘアード種)。当時は体重10〜20kgと大きかったようで、シュナイザーを配してさらに他のテリアとによってワイヤーヘアード種ができた。またロングヘアード種は15世紀ごろスパニエルとの交雑によって作出されたが、どこでなされたかさだかではない。穴熊の狩猟犬(ダックスフンド)名ずけられた。ミニテュア ダックスフンドはスタンダード ダックスフンドが入る事ができない小さな穴に入って狩猟のできるように小型のサイズに改良されたものでその歴史はまだ浅い。  

体重

オス、メスともにせいご12ケ月を超えたものは4.8kgが上限。 

一般外貌

短肢、長胴で体高体長比が10:20である。筋肉たくましく良く発達し、勇気と理知に読富む表現を有している気質と身体の構成は、地上、地中を問わず、獲物を追うことにむいており、殊に潜る事に適している。
<スムース ヘアード>
毛質は硬く、短く、滑らかで、光沢があって密生している。毛色は単色と二色、その他の色があって、単色はレッド、マカボニーレッド(レッドの先端がわずかに黒いもの)、二色はブラック.タン チョコレート.タンその他はダップル.カラー、とブリンドル、またわタイガーカラーなどがある。
<ロング ヘアード>
毛質は柔らかく、光沢があって長い。わずかにウェーブした毛は顎の下部、胴の下部に比べて、耳の先端、前肢の後ろ側が特に長く、尾の裏側が最も長い。あまりにも多すぎた毛はタイプの特徴を隠すので好ましくない。アイリッシュ.セッターを思わせる優雅な外見に見える事が望ましい。毛色はスムースヘアードとほぼ同じである。
<ワイヤー ヘアード>
被毛は顎と眉、耳をのぞいて、全体に密生した短い粗い剛毛が、下毛とともに全身をおっている。顎にはひげがなければならず、眉は毛深く、耳はスムースな短毛である。長毛、ウェーブまたはカールした軟毛、尾の房毛などは好ましくなく、ワイルド.ボア.カラ-(野猪色)、ソルト.アンド.ペッパー(ごま塩色)なども認められる。以上の三毛色を通じて、胸の白斑は許されるが、好ましくない。

性格

大胆で利口、しかも明朗で、感覚は鋭敏である。

もっと詳しく  

フレンチブルドッグ

原  産

フランス

歴  史

1850年ごろイギリスからフランスへ移住した織工によってもたらされた小型ブルドッグにパグやテリアを配して作出された犬種である。当初ネズミとりに使用されていた。1898年にフランスのケンネルクラブに公認され、イギリスでは1902年公認された。犬種が公認された頃はコウモリ耳とローズ耳と2タイプいたが、やがてコウモリ耳(バットイヤー)が標準となった。これはアメリカ人の努力によるところが大きかったといわれている。日本には大正年間に紹介され、昭和初期にかけて多く飼育された。

体  高

オス、メスともに30cm前後。

体  重

体重10kgを中心として、重量級、軽量級があるが、12kgを超えない

一般外貌

コウモリの羽のような耳、角形の頭部、大きく丸い目、短く幅広い口吻、上そりした下顎、身体は短く、なめらかな光沢のある短毛の、ずんぐりした感じの小型犬である。
<皮毛>
毛質は滑らかで、短く光沢があり色は各色が許されている。

性  格

明朗で活発な性格をもっている。 

もっと詳しく  

柴犬

原産

日本(本州および四国の山岳地帯)

歴史

日本土着の小型犬で、原始時代に南方から渡ってきたものと考えられ、縄文時代の遺跡から発掘された骨などがある。昔から鳥獣猟犬に用いられてきた。最近は外国でも人気を得ている。昭和12年天然記念物の指定を受けた。柴とは古い言葉で"小さなもの"を意味し、今日では家庭犬として飼育されている

体高

オス40cm、メス37cmそれぞれ上下各1.5cmまでとする。 

一般外貌

小型で良く均整がとれており、骨格がしっかりとして、筋肉がよく発達している。体質は強健で素朴感があり、動作は敏しょうで、かわいらしさとうつくしさを有している。体高と体長の比は10:11である。
<皮毛>
上毛は硬く真っ直ぐで、下毛はやわらかく密生している。尾の毛はやや長く開立している。毛色は赤、ごま、黒ごま、赤ごま黒褐色がある。マズルのうら白(逆マスク)は、この犬種のマーキングの特色でもある。

性格

軽快で活力に富む。

もっと詳しく    

キャバリア

原産

イギリス
 用途 愛玩犬 

沿革

キングチャールス・スパニエルの変形というべきもの。キャバリアの方がやや大きめ。

一般外貌

コッカースパニエルっぽいが、マズル短め。頭蓋骨半円形で狆にも似てる。

性格

温和、従順。
もっと詳しく    

ラブラドールレトリバー

原  産

イギリス

歴  史

ラブラドール・レトリバーの多岐にわたる活躍は広く知られているが、沿革については定かではなくほとんど知られていない。16世紀頃北米大陸沿岸へ出漁した北欧やイギリスの漁船に同乗しカナダのラブラドル半島へ渡った犬の末裔と思われる。1800年頃、ニューファンドランド島から塩鱈を運ぶ船でイギリスへ送られてきたのが、この犬がヨーロッパへ紹介された最初だと言われている。ラブラドール・レトリバーは、長い間この厳寒の海辺で海中に流れたアミを探したり、網からこぼれでた魚を捕らえてそれを運ぶ仕事に従事していた。1880年までは頑固な性格を有していたが、以後従順な性格となり訓練性能が向上し、運搬犬や警察犬としても使用され、近年は盲動犬として活躍するものも多く、世界中で飼育されるようになった。レトリバーは獲物を回収運搬する犬とゆう意味である。地名が犬種名となった。

体高

オス、56cm〜61cm ,メス 51cm〜56cm

一般外貌

身体は頑健で、胴は短く幅広く、後ろは筋肉たくましく力強い。垂れ耳垂れ尾で、どんな天候にもよく耐えられるように短毛が密生している活動的な中型の鳥猟犬である。
<被毛>
毛質は滑らかで、短く密生し、ウェーブしていない。毛色はブラック、チョコレート、イエローの一色毛で他の斑は好ましくないが胸の小さい斑は許される。

性  格

快活で、積極的な性格で、耐久力と活動性を有している。

もっと詳しく    

マルチーズ

原産

マルタ

歴史

紀元前150年頃、フェニキア人(現在レバノンあたりに都市国家をきずいた海洋貿易を得意とする民族)の貿易中継点だったマルタ島に、彼等によって持ち込まれた犬種で、一説ではアジアから持ち込まれた犬だと言われている。イソップ物語には2度にわたりこの犬種のことが書かれており「長い船旅をするものや船員のペット」であった事がわかる。やがてシリシア島をへて、ヨーロパ各国に紹介された。フランスでは15世紀ごろから婦人の愛玩犬となっていたがイギリスへは19世紀になってからもたらされた。マルタ島がイギリスの領土となったのは1813年以降で、ビクトリア女王もマルタ島からこの犬を取り寄せて飼育した。そのことが一般国民の知るところとなり19世紀末に大流行し人気犬種となった。1968年から1984年まで登録犬のトップだった家庭犬、愛玩犬。  

体重

オス、メスとも3.2kg以下で、2.5kgを理想とする。

一般外貌

純白の長い被毛におわれた小型犬である。被毛はまっすぐで体の両側に一様に垂れ下がり、その毛は鼻先から尾のつけねまでつずいているが、容姿は健康的で均整びを表現していなければならない。  
<皮毛>
絹糸状の長い直滑毛が一様に全身をおおい、下毛はない。毛色は純白が望ましい。淡いタン、あるいはレモン色は許されるが望ましくない。

性格

知的、快活、大胆である。

もっと詳しく     

ミニチュアシュナウザーminiature schnauzer

原  産

ドイツ (家庭犬)

歴  史

体  高

30cm〜35cm

一般外貌

性  格

もっと詳しく    

ノーフォークテリアNorfolk Terrir

原 産 地

英国 東部のノーフォーク州の州都ノーリッチ市

歴   史

小型犬で丈夫で、猟欲に富んだ犬を作出する目的で作られたテリア。

体   高

体高25〜26cmを理想とする ♀はやや小さい

一般外貌

コンパクトで垂れ耳が特徴 

性   格

警戒心に富み 大胆である。

もっと詳しく    

日本テリア

原産

日本

歴史

祖先は、スムーズフォックステリアと小さなテリアとの交雑から、計画性もなく作られてきた犬が、日本の気候風土の中に固定したもので、主としてそれは神戸と横浜でなされたといわれる。 

体高

オス、メス30.5cm以上38cm以内。 

一般外貌

性格

もっと詳しく    

トイプードル

原産

フランス、中欧

歴史

非常に古くからヨーロパ大陸の各地にいたようで原産地を特定するのが困難なくらいだが、フランスで人気化したことからフレンチ.プードルとゆうような呼び名もある。ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が祖先犬といわれている。大、中、小のスリーサイズがある。16世紀ごろからフランスの上流階級の婦人に愛されるようになってミニチュアサイズのプードルが作出された。ルイ16世の時代にはトイ.プードルも昨出されており、他の国にも知られるようになった。南欧のウォータードック(水中作業犬)との混血説もあり、この犬は作業を容易にするため被毛の一部を刈り取る習慣があった。プードルはカモ猟に使用され獲物の運搬を得意としたことからカットが施され、次第に美的な要素が加味されてこんにちのクリップに発展した。家庭犬、愛玩犬。

体高

トイ 28cm以下

一般外貌

優雅な容姿、気品に富んだ風貌を備え、スクエアの体構で良く均整がとれている。慣例上の刈り込みによって、一層プードル独特の高貴さと威厳を高めている。プードルの特色であるクリップによって、多少の外貌表現に差をみるが、表現は知的であり、より優雅で気品を発揮しなければならない。
<被毛と毛色>
毛質は比較的堅く、非常に豊富な巻き毛、縮れ毛、縄状毛が密生している。毛色はきれいな一色毛である事を理想とし、ブラック、ホワイト、ブルー、ブラウン、アプリコット、クリーム、(オレンジ)、シルバー、シルバー.ベージュなどがある。カフェ.オ.レ色はブラウン系の中に含まれる。

性格

利口、活発、従順で、しかも活動的な動作を示す。

もっと詳しく    

パグ

原産

中国

歴史

中国の古い愛玩犬だが、オランダにもたれされたのが1600年の末頃だったといわれ、そのためヨーロッパではオランダの原産犬種と信じられれている時代が長かった。ペキニーズなどと同じ祖先犬から作出されたと言われている。しかし、中国におけるこの犬種の沿革はまったく不明である。イギリスには、オランダ東インド会社を通じてもたらされるや、貴族の婦人達に愛好され急速に人気犬種となった。当時は断耳をする習慣となっていた。この犬種を愛好した皇帝や貴族の中にはイギリスのウイリアム3世(1650年〜1702年)、ロシアのエカテリナ2世王妃(1729年〜1796年)などがいる。パグとはラテン語のにぎりこぶしのことで、頭部の形がにぎりこぶしに似ていることから名ずけられたと伝えられている。国によって犬種名が異なっている珍しい犬。家庭犬、愛玩犬

体重

オス、メスともに6.3kg〜8.5kg

一般外貌

身体は充実して良く筋肉が発達し、締った体格のスクエアな小型犬である。頭部はバランスのとれた大きさで、額には特徴である大きなしわがある。

性格

大胆でおとなしい。しんぼう強く、自尊心も高い。

もっと詳しく    


ペキニーズ

原産

中国

歴史

体重

一般外貌

性格

もっと詳しく    




ポメラニアン

原産

ポメラニア地方(ドイツおよびポーランド西部にまたがる地方)

歴史

スピッツ族うちの一つの犬種であるサモエドが祖先犬として伝えられ、東欧ポメラニア地方でやや小型化された物が18世紀以降イギリスで愛好され、更に19世紀中ごろから小さいタイプ流行し今日の犬種に固定した。家庭犬、愛玩犬

体高

オス、メスともに20cm前後。

一般外貌

小型で各部がよく引き締まり、顔面、四脚の下方をのぞいては豊富な皮毛におおわれて可憐な品位を備え、活気に満ち、知性に溢れる表現を示す。
<皮毛>
下毛は柔らかい綿毛、上毛は真っ直ぐで豊かな開立した粗毛(スタンダード・オフ・コート)が全身をおおっている。顎のまわりや肩の前部および胸は、特に長い飾り毛におおわれ肩の上までひろがっている。後は長毛か飾り毛で、腰から足根まできれいにおおわれている。毛色は、ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバー、ブルー、ホワイト、パーティー・カラー、ブラック・タンなどである。単色と2色混合の比較は他の条件が同一の場合は単色が優位となる。

性格

素直で快活な性質であり、利口そうな表情をあらわしている。

もっと詳しく    

パピヨン

原産

ヨーロパ(フランス・ベルギー)

歴史

祖先はスペインのスパニエルの一種で、小さいので一寸法師のスパニエル(エパニエルナン)と呼ばれ、16世紀にフランスのルイ14世王朝時代、上流社会でもてはやされ、イタリヤのボローニャ地方で多く繁殖され、高額で取り引きされたと記されている。パピヨンとはフランス語で蝶のことで、この犬の耳が蝶の羽状に見えることから名ずけられたしたがって別名バタフライ・スパニエルとも呼ばれている。家庭犬、愛玩犬。  

体高

オス、メス20cm以上28cm以内。ファレンはこの限りではない。 

一般外貌

優雅な絹糸状の被毛を持つ小型犬で、直立した耳は蝶が羽を広げた様についていて、先端に飾り毛があり、リスの様に背負っている。なお垂れ耳の犬もある。  
<皮毛>
毛質は光沢のある絹糸状の長毛で、ボディの毛は平らで、スカルとマズルでは短い。毛色は白地に黒、または、茶の斑があり、トライカラーもある。

性格

快活で利口、可憐な容姿に似ず大胆な性格を有している。 

もっと詳しく    

シェルティー

原産

イギリス(シェットランド諸島)

歴史

イギリス最北端にあるシェットランド諸島原産の牧羊犬である。その歴史はきわめて古く、スコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵するものと思われる。一説によるとスコット.ランドのボーダーコリーの祖先でこの地に来て小型の家畜の番犬をしていた犬と、クジラ猟のため北海へきた漁師がつれてきたサモエドなどのスピッツ.タイプの犬の混血に、さらにラフ.コリーが配されて作出されたと伝えられている。荒涼とした島なので動物も植物も通常の大きさにならないのがこの島の特徴でながい年月の間に小型化したというように考えられる。19世紀の終わり頃イギリスに紹介された。1909年に登録が認められるようになったが、当時は作業犬タイプとショータイプの二通りの犬がいて、大きさなども一定していなかった。体高について厳しいのはそうゆう背景があたためである。日本には昭和33年に紹介され近年は人気犬種のトップとなった。牧羊犬、家庭犬。

体高

オス、メスともに20cm前後 

一般外貌

小型で手触りの荒い長い皮毛を持っている作業犬である。外貌は均整がとれていて、どの部分も全体に対してつり合がとれていなければならない。
<皮毛>
毛質は上毛が長い粗毛で、下毛は短く柔らかく密生している。飾り毛は顎の周囲と胸、前肢の裏側、足根以上、尾の裏側にあって、顔、耳と前肢の前面および足根意外は短い。毛色はセーブル・アンド・ホワイト、ブラック・ホワイト・アンド・タン(トライ・カラー)、ブルー・マール、ブラック・アンド・ホワイト(バイ・カラー)である。

性格

感覚鋭敏だが、明朗で従順な性格を有している。

もっと詳しく    

シーズ

原産

中国

歴史

1934年ラサ.アプソから分離独立した犬種である。アメリカケンネルクラブの第一号は1969年に登録されているが日本には昭和30年代の末に紹介された。中国の王宮で数百年にわたり飼育されてきたペキニーズとラサ.アプソの混血によって誕生したといわれる。神の使者として神聖視され獅子狗(シー.ズー.クー)と呼ばれた。1930年イギリス人の旅行者が中国から持ち帰りヨーロッパに紹介された。しかしラサ.アプソとの区別がはっきりしていなかったため同一犬種として扱われていた。アメリカではシーズーとラサ.アプソの人気はほぼ伯仲しているが、日本とイギリスではラサ.アプソよりシーズーの登録が多い。家庭犬、愛玩犬。 

体重

オス、メスともに8kg以下 理想としては4〜7kg 

体高

オス、メスともに27cm以下 

一般外貌

外見はラサ.アプソに似ていて、長い毛が頭部をおおい、ほとんど目と鼻を覆い隠している。全身が長い毛でおおわれているほか、大きな耳にもたくさんの長毛があり、顎の毛と混ざっているように見える。
<皮毛>
上毛は長く密生するが、ちじれず、柔らかい下毛を有する。毛色はすべての色が許される。レバー色の犬は、淡いレバー色の目と、こいレバー色の鼻色が許される。

性格

非常に明朗活発で、陽気で敏しょうである。誇らしげで自尊心が強い。反面遊び好きの性格をゆする。

もっと詳しく    

ワイヤーヘァドフォックステリア
wirehaird fox terrier

原産

イギリス

歴史

非常に古い犬種と思われるが、その起原や沿革は不明である。貴族のスポーツとして愛好された狐狩りに使用され、フォックステリアと呼ばれるようになったのは18世紀頃らしい。古い時代の毛色は狐色だったと言われ、フォックス・ハウンドが狐を追い、フォックス・テリアを岩場や巣穴で使用したが、毛色が狐に似ていることからしばしばフォックス・テリアを射殺することがあった。またハウンド の役目もこなせるようなテリアが求められ、ハウンドが配されて三色毛のスムースが誕生し、さらに他のテリアと混血されワイヤーとなった。1862年バーミンガムのショーに出陳されたが、この時の犬はスムースタイプのフォックス・テリアだったと言われている。1876年クラブが設立された後改良が著しく進み、20世紀に入り世界的な人気犬種となった。家庭犬、愛玩犬として飼育される。  

体重

オス、8Kg メス、7kgで各上下0.5kgとする。 

一般外貌

バランスの良いスクエア・タイプで、しっかりした骨格を有し、利口そうな目、直立した前肢を持ち、頭部と尾を、誇らしげに高く保持している。とくにその動作や態度、目、耳、尾と爪先立ちする前肢の緊張した様は、この犬種の勝ち気でダンディ-な特徴をよくあらわしている。
<皮毛>
毛質は平滑で上毛はワイヤ-状の剛毛で、下毛は密生している。下腹部と腿の内側に被毛のないのは良くない。毛色は白色が主体で、黒とブラウン(茶)の斑を有するものが多いが、黒もしくは茶の2色でも許される。ただしブリンドル(虎毛)レッド(赤)レバー(肝臓)の色は好ましくない。

性格

感覚が鋭く、勝気で快活な性格を有し、敏しょうに行動する。

もっと詳しく    

ウエルッシュ・コーギー

原  産

イギリス

歴  史

カーディガンよりは新しい犬種である。しかし1107年までさかのぼることができる古い犬種である。ペンブローク直系の祖先犬は、フランドル(フランス・ベルギーの大西洋に面した地方)の繊工がウェールズに移住した際もたらされれたとも、ヴァイキングが活躍していたころ、スエーデンの犬がこの地に残ったとも言われている。古くはヘンリー2世(1138〜1189)、現代においては英国王室に愛され、王室の犬といえばこの犬種と思われているほどである。カーディガンとくらべて尾や耳先に特徴があるが、19世紀中ごろ以前は両者が交配されていたこともあり、相似点が多い。主にウェールズのペンブローグシャー地方で飼育されていた。かつては農場などで作業に従事していたが、現在は家庭犬として飼育されている。

体  高

オス、メス10kg〜13.5kg

一般外貌

短脚で地低く力強く、頑健である。立耳、胴長、短尾の活動的な小型犬である。
<皮毛>
中位の長さのかたい毛が密生している。毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タンなどで四肢、胸、顎に白斑がある。頭部と顔に白毛(ブレーズ)があってさしつかえない。

性  格

警戒心に富み、大胆であるが従順な性質をゆうしている。

もっと詳しく    

ウエストハイランドホワイトテリア

原  産

英 国 

歴  史

イギリス、スコットランド地方古来の小獣猟犬で西ハイランド地方でケアンの白色犬が改良されてできた犬種である。
犬種名は地方のなを冠されたもの。

体  高

♂25cm〜30cm ♀22cm〜27cm

一般外貌

純白の皮毛 比較的四肢が短く、立ち耳、立ち尾、清楚な感じのする美しい小型犬

性  格

温順、明朗、

もっと詳しく    

ヨークシャーテリア

原産

イギリス(ヨークシャー)

歴史

19世紀の中ごろ、ヨークシャー地方の工業地帯で工員や炭鉱夫の貧しい家屋を荒らし回ったネズミを捕まえるため作出された犬種で、当時はかなりの大きさだった。1862年「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャテリア」と命名されたが、犬種名が長過ぎたため定着せず、1870年ごろからヨークシャ・テリアと呼ばれるようになった。この犬種を作出するために使用されたのはマンチェスター・テリア(オールド・ブラック・タン・テリア)、スカイ・テリア、マルチーズだと言われている。その可憐なタイプと華麗な毛色から「動く宝石とも呼ばれている。世界で人気犬種となっている。家庭犬、愛玩犬。

体重

オス、メスとも3K以下、2Kを理想とする。

一般外貌

真っ直で豊富な絹糸状の長毛におおわれ、均整のとれた体形のトイテリアである。
<皮毛>
ボディーの皮毛は、適度にながく完全に真っ直ぐである。光沢があり、よい絹糸状の毛質である。ボディの毛質はダーク・スチール・ブルー(暗鋼青色)で、シルバー・グレー(銀灰色)ではない。スチール・ブルーとはシルバーがかったブルーではなくフォーンや青鋼色、ブロンズ、ブラックの毛色が混合してはならない。胸の毛は鮮やかに輝くタンである。すべてのタンの部分の毛は、中央より根元がより濃色で、先端のタンはより明るくかげりをもつ。頭部の飾り毛は、あざやかなゴールデンがかったタンで、耳と耳の付け根、マスクでは色が一段と濃くなり、みみでは濃く鮮やかなタンであるが、タンの色は顎の後ろまで及んではならない。四脚は明るい鮮やかなタン色で、前肢は肘の上方まで、後肢スタイフルの上方まで及んではならない。なおタン色のなかには、すすけた色が混入してはならない。

性格

知的で感覚鋭敏、活発なテリア・キャラクター を有している。

もっと詳しく