ボタンインコ
                        

 ボタンインコ オウム目オウム科

原産国アフリカ、国内繁殖されている中型インコ。ヒナも比較的簡単に手に入る。最近は輸入のヒナも出回
っているがあまりお勧め出来ない。体質が弱いようである。色の改良が進んでいる。小桜インコと体格が似
ているが、ボタンインコは目のまわりに白いふちがあるので見分けがつく。
サイズ  12cmくらい
カラー  
ルリコシ、ヤマブキ、ブルー、白、など。ルリコシが多く出まわってるようだ。
食べ物  ヒエ、あわ、きび、ひまわり、麻の実に、くるみ。塩土、ボレー粉、ハクサイの芯もすこしあた
     える。
飼育   両羽を広げてもどこにも羽が当たらないカゴで飼う。広いほどよい。35x35x40cmくらいのか
     ごがおすすめ。インコの類はカギ状の丈夫なくちばしと足を使い、かごの中を器用に移動する
     ために狭いかごの中でもあちこち動ける。そのためか、羽も広げられないカゴで飼われているの
     をたまに見るが鳥なのだから飛ばせてあげよう。繁殖させたい場合専用の木の巣箱を中に入れる
     。まではセキセイインコと同じ。ただしボタンインコはペア以上では一緒にしないほうがよい。
     ペアが成立した時点で他のボタンインコを攻撃、殺してしまう場合も多い。ただし攻撃された方
     が逃げ切れる広さの鳥小屋なら良い。