オオミユビトビネズミ
名前について

オオミユビ・トビネズミ
グレイター・エジプシャン・ジェルボア
オオミミ・カンガルー・ラット
ミユビ・トビネズミなど...いろんな名前で呼ばれている。カンガルー・ネズミやトビウサギとまちがわれやすい。カンガルーネズミは北アメリカの生き物で、オオミユビトビネズミはアジア・アフリカの砂漠地帯の生き物。

どんな生き物?
アジア・アフリカのさばく地帯に分布。穴を掘り日中はその中ですごす。夜行性。尾は体長より長く先端が房状になる。走る時はカンガルーのように飛びはねて移動するが、ちょこちょこ歩く事もできる。そんな所はカンガルーより器用。

食べ物
草、草の種、ひまわり・むぎ・リンゴハムスターフード、ジャービルフードを主食に小動物用の嗜好品を少し。(沢山やるとこれしか食べない。)

飼育
金属ゲージ(スノコなし)で飼育できる。床にカットした牧草を敷き詰ます。 大きめの箱を巣のかわりに入れます。砂漠の生き物なので乾燥した環境が良い。